家を建ててすぐにリフォーム資金準備を!

注文住宅でマイホームを建てて、築10年が過ぎて思うことと言えば、「リフォーム費用を貯めておけば良かった!」ということですね。なんなら、マイホームを新築してすぐにリフォーム費用を貯め始めてもいいかもしれません。

なぜなら、いざ「リフォームが必要だ!」ということになった場合に、すぐに対応しなくてはなりませんからね。しかし、リフォームをするための費用がなければ、当然リフォームだってできないというものです。ですからこそ、マイホームが建ってからすぐにでもリフォーム資金を用意し始めた方がいいと思うのです。

とくに住宅設備は突然壊れることもありますからね。わが家にしても、築10年を過ぎましたので、いよいよガタが出始めていますから。先日はボイラーが突然不調になりましたからね。ボイラーがなければ生活が成り立ちませんから、もちろんすぐに対応してもらいました。

しかしボイラーの交換は賞与を待つぐらいなものですから。日々の生活費からは出ませんよ。そしてだからこそ、ものすごく思ったことはと言えば、「リフォーム資金は早めに用意しておく!」ということですね。大事ですよ。

あともう一つ思うことと言えば、リフォームして収納を増やすことはできますけど、しかし「本当に必要かどうか」をよーく考えてみた方がいいですよ。わが家の場合なのですけれど、子供たち二人が小学校に上がった頃に、収納を増やしました。剥がれてきたクロスの張替えなどと合わせてのマイホームリフォームです。

それでリビングルームの壁一面に新たに収納を増やしたんですが、しかし子供達が巣立った今では「失敗したかもー」と思っています。だって今では収納スペースは余っていますから。今更ながらなことなのですが、知人も言っていた通り「子供の物が増えるのなんて一時的なものだって!」という言葉が身にしみます。

本を置くスペースを増やす目的もあって、リビングルームに壁一面収納を作ったのですが、子供たちの本が増えたので置いておきたかっただけですから、それならば子供たちの部屋に本棚を置くにとどめておけば良かったと思いました。子供たちのものなんて学生が終われば一気になくなるものなんですから。

リビングルームに作ってしまった収納ですが、今ではもう取り去りたくて仕方がないですもん。広いリビングルームにするために今また真剣にリフォームを考えています。

PR|生命保険の選び方|JALカード|アフィリエイト相互リンク|貯蓄|童話|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|生命保険の口コミ.COM|