リフォームは馴染みの業者でも見積もりを!

住宅のリフォームをするにしても、必ず「見積書」をもらってからにしましょう。うちの妹の早宮の注文住宅で建てた家は、リフォームに際して見積書をもらわずに、自分の家を建ててくれた業者にそのまんま「言い値」でリフォームを頼んでいました。

それで優良な会社でしたら良かったのかも知れませんが、妹の頼んだ建設会社は実はそうではなかったようで…。とは言いましても、一戸建て住宅を新築で建てた時は良かったようなのです。けれど、リフォームを依頼したら、私がパッと見ただけでも「これ、高くない?」と、思ってしまうような請求書でしたからね。

不当にお高いとまでは言いませんけれど、「そこ、そんなに高いリフォームにする必要ある!?」と、ツッコミを入れてしまうほどな内容でしたからね。リフォームについてもよくわからないと思って、「これもいる」「ここはこれでいいよね」と、建設会社主導で進めたので、必要以上に高いリフォームにされたのでしょう。まあ憶測の範囲なわけですが、しかし後10年住むかどうかわからない住宅に、高額なリフォームは必要ないと思ってしまいますので。